グランドキャニオンのおすすめ観光モデルプラン!定番から穴場まで紹介

grandcanyon
grandcanyon

グランドキャニオン:究極の自然体験とその魅力

アメリカ西部における大自然の宝庫をグランドサークルと呼びます。グランドサークル内には多くの国立公園、国定公園、州立公園、そして先住民族公園などが点在しています。
中でもグランドキャニオン、アンテロープキャニオン、セドナは、日本人なら誰もが知る今やグランドサークルには欠かせない存在となりました。

グランドキャニオンの概説

グランドキャニオンは、アメリカ合衆国アリゾナ州北西部に位置する世界的に有名な巨大な峡谷です。この峡谷は、コロラド川によって数百万年の間に削られ、長さ約446キロメートル、幅約6.4キロメートル、深さ約1.6キロメートルに及びます。その壮大な景観と多様な地質、多彩な体験ができることから人々の心を魅了し、世界中から観光客が訪れています。

グランドキャニオンの魅力とは

グランドサークルの中で生涯に一度は訪れるべき場所として不動の人気を誇るのがグランドキャニオン。世界遺産にも登録されているグランドキャニオン国立公園は、その壮大な景観と圧倒的な自然美で人々を魅了する魔法の場所です。まず、そのスケール感に圧倒されます。キャニオンの深さや幅は想像を絶します。立ち並ぶ岩肌は、時間の経過を感じさせ、地球の歴史を垣間見るような体験です。太陽の移ろいによって岩の色合いが変わり、まるで巨大な絵画を見るような景色が広がります。

またグランドキャニオンへ観光をする際は、移動ルートによってはグランドキャニオン国立公園の他にも、アンテロープキャニオンやホースシューベンド、全米一美しい街として知られるセドナにも訪れることができるのも旅行先として選ぶときの魅力の一つです。

しかし、一般的な大手旅行会社のオプショナルツアーでは行きたいところに行けない。移動に多くの時間がかかってしまった。ゆっくり見ることができなかったなど、必ずしも満足できるない内容ではありません。

BUYMA TRAVELでは現地在住の日本人がプライベートガイドとして数多く活躍されています。主要な観光スポットのご案内はもちろん、地元に住んでいるからこそご案内できるツアーを楽しむことができます。グランドキャニオンの観光のような長時間の移動が必要になる旅も日本人ガイドであれば、苦にならない乗り心地の良い旅行が可能です。

ご相談はこちら

グランドキャニオンへの行き方

日本からグランドキャニオンへの道のりとして一般的なのはラスベガスから車で向かう方法です。休憩を挟みつつ5時間が移動時間の目安となります。

車でのアクセス、モデルプラン

ラスベガス発着で日帰りも可能ですが、移動に長時間を要するため余裕を持った旅行計画を組むことが可能であれば一泊二日が推奨されています。以下では日帰りと一泊二日のモデルプランをそれぞれご紹介いたします。

ラスベガス発着のグランドキャニオン一泊二日モデルプラン

今やアリゾナ州の3大絶景と親しまれ人気絶大なアンテロープキャニオン、ホースシューベンド、そしてグランドキャニオン国立公園と全米一美しい街セドナを巡る、贅沢な一泊二日ツアープランです。

人気のアンテロープキャニオンについては以下でもご紹介しています。

アンテロープキャニオン観光を完全ガイド!光の渓谷アリゾナの奇跡を体験しよう!
アメリカ・アリゾナ州にある神秘の渓谷アンテロープキャニオン。美しい曲線を描く岩壁や「天使のはしご」と呼ばれる太陽光が特徴で世界で最も美しい峡谷の一つ。ガイド同伴でないと観光できないスポットのおすすめツアーやアクセス方法を徹底解説。
1日目
06:00 ラスベガスホテルを出発
↓
10:15 レイクパウエル展望台に到着
全米で2番目に大きな人造湖レイクパウエルが一望出来る見晴らしの良い展望台です。
↓
11:00 ホースシューベンド観光
およそ300メートルもの深さがある渓谷の断崖絶壁から、馬の蹄状に蛇行しているコロラド川を見下ろすことが出来る人気の絶景スポットです。
↓
12:30 アンテロープキャニオン観光
グランドサークルでも特に人気の観光スポットがアンテロープキャニオンです。
ローワーアンテロープキャニオンやキャニオンXに立ち寄るのもおすすめです。
↓
16:00 グランドキャニオン国立公園に到着、観光
デザートビュー、リパン、グランドビュー、ヤバパイ、マーサー、ブライトエンジェルポイントなどを観光することができます。
マーサーポイントが一番人気の展望台です。
日の入り前から夕日が沈むまでのグランドキャニオンの移ろいを楽しむことができます。
↓
19:30 宿泊先にチェックイン
2日目
05:15 朝日鑑賞へ向けホテルを出発
↓
05:30 朝日鑑賞
↓
09:30 全米一美しい街セドナに到着、観光
パワースポットのヴォルテックス巡りなどを楽しむことができます。
↓
15:45 ルート66のゆかり町として知られるセリグマン観光
ディズニー映画「CARS」のモデルになったとも言われています。
↓
18:45 ラスベガス帰着

セドナの4大ボルテックスの中には片道10分~20分ほどのトレイルもありハイキングとしても程よい距離となっています。
装備なども同じもので行けるため、グランドキャニオンと合わせて観光するのがおすすめです。

ラスベガス発着のグランドキャニオン国立公園を含む3大絶景日帰りモデルプラン

horseshoebend

アリゾナ州の3大絶景と親しまれ人気絶大なアンテロープキャニオン、ホースシューベンド、そしてグランドキャニオン国立公園を巡る、贅沢な日帰りツアープランです。

03:15 ラスベガスホテルを出発
↓
07:30 レイクパウエル展望台に到着
全米で2番目に大きな人造湖レイクパウエルが一望出来る見晴らしの良い展望台です。
↓
08:15 ホースシューベンド観光
およそ300メートルもの深さがある渓谷の断崖絶壁から、馬の蹄状に蛇行しているコロラド川を見下ろすことが出来る人気の絶景スポットです。
↓
09:45 アンテロープキャニオン観光
グランドサークルでも特に人気の観光スポットがアンテロープキャニオンです。
ローワーアンテロープキャニオンやキャニオンXに立ち寄るのもおすすめです。
↓
11:15 グランドキャニオン国立公園に到着、観光
↓
15:00 グランドキャニオン国立公園を出発
↓
19:30 ラスベガス帰着

ラスベガス発着のグランドキャニオン日帰りモデルプラン

グランドキャニオン国立公園を巡る日帰りツアープランです。

08:00 ラスベガスホテルを出発
10:30 セリグマン観光(ルート66)
13:00 グランドキャニオン国立公園に到着、観光
16:00 グランドキャニオン国立公園を出発
20:30 ラスベガス帰着

BUYMA TRAVELでは現地在住の日本人がプライベートガイドとして数多く活躍されています。グランドキャニオン観光のような長時間の移動が必要になる旅も日本人ガイドであれば、苦にならない乗り心地の良い旅行が可能です。ご夫婦の記念旅行や新婚旅行、お年寄りや小さなお子様がご一緒のご家族など、他参加者に気兼ねすることなく自分たちだけの空間と時間を過ごされたいお客様におすすめです。

ご相談はこちら

訪れる際の注意点

夏は暑く、日差しも強いため、日差し対策や水分の用意は必須です。傾斜がきつい場所もあるため、トレッキングシューズがあると安心です。

用意しておきたい持ち物

  • タオル
  • 日差し対策:日焼け止め、サングラス、帽子
  • 虫除けスプレー
  • トレッキングシューズ

宿泊施設の紹介

ホテル情報

グランドキャニオン国立公園内のロッジや公園外にあるツサヤンにあるホテルに泊まられる方が多いように思います。

グランドキャニオン国立公園内ロッジ

  • サンダーバード ロッジ
  • カッチーナ ロッジ
  • ヤバパイロッジ

など

ツサヤン

  • レッドフェザー ロッジ
  • スクワイアリゾート アット ザ グランドキャニオン
  • ザ グランドホテル アット ザ グランドキャニオン

など

※宿泊費以外の費用(電話代、インターネット接続代、お食事代、リゾートフィー)がかかる場合があります。また、米国のホテルは全室禁煙となっていることがホテルが多くあります。

おすすめのホテルの紹介

グランドサークルの中で、一番泊まってみたいと思うホテルがモニュメントバレーにあるザ・ビューホテル。その名の通り景観が売りのホテルです。客室にはバルコニーが備え付けられており、部屋から出なくともモニュメントバレーの原風景、星空、そして世界一美しいと定評ある日の出を見ることが出来ます。グランドサークルの醍醐味を100%満喫可能なホテルとなっています。

BUYMA TRAVELでは現地在住の日本人がプライベートガイドとして数多く活躍されています。主要な観光スポットのご案内はもちろん、地元に住んでいるからこそご案内できるツアーを楽しむことができます。ガイドによっては宿泊相談も可能なためご検討ください。

ご相談はこちら

タイトルとURLをコピーしました